Home » マウス・キーボード » マウスカーソルを移動させる方法

マウスカーソルを移動させる方法

マウスカーソルを移動させる場合はMMV関数を利用します。

普通に人間が操作すればマウスカーソルも順次移動していきますが、自動で操作させる場合はいきなり目標地点に移動させることができます。

自動化させると早すぎて処理が追いつかない場合もあるので多少余裕を持たせて動作させましょう。

動作にウェイトを入れるにはSLEEP関数を利用するかMMV関数の引数で実行までの待ち時間を利用しましょう。

 

マウスカーソルを移動させるサンプル

マウスカーソルを画面の中央に移動させます。

x = G_SCREEN_W / 2 // 画面の幅の半分
y = G_SCREEN_H / 2 // 画面の高さの半分
MMV(x, y)

 

MMV関数リファレンス

MMV関数のリファレンスをマニュアルから転載します。

MMV( x, y, [ms] )
引数
 x, y: 位置 
 ms: 実行までの待ち時間 (ミリセカンド)