Home » ダイアログボックス » メッセージボックスを表示する方法

メッセージボックスを表示する方法

メッセージボックスを表示させるにはMSGBOX関数を利用します。

MSGBOX関数を利用することでOKボタンを押すだけのメッセージボックスやイエスノーを選べるメッセージボックスを表示させることができます。

 

メッセージボックスを表示するサンプル

MSGBOX("単純なメッセージボックスです")

メッセージボックスを表示する方法実行結果

 

イエスとノーに対応したメッセージボックスを表示するサンプル

SELECT MSGBOX("好きなほうを選んでください", BTN_YES or BTN_NO)
	CASE BTN_YES
		MSGBOX("「はい」が選ばれました")
	CASE BTN_NO
		MSGBOX("「いいえ」が選ばれました")
	CASE BTN_CANCEL
		MSGBOX("キャンセルされました")
SELEND

イエスとノーに対応したメッセージボックスを表示するサンプル実行結果

 

MSGBOX関数リファレンス

MSGBOX関数のリファレンスをマニュアルから転載します。

戻値 = MSGBOX( メッセージ, [表示ボタン, X, Y, フォーカスボタン] )
 引数
  メッセージ: 表示メッセージ
  表示ボタン: ボタン種別 (複数指定可、デフォルトはBTN_OK)
        BTN_YES, BTN_NO, BTN_OK, BTN_CANCEL, BTN_ABORT(中止), BTN_RETRY(再試行), BTN_IGNORE(無視)
  X、Y: 表示位置 X、Y (デフォルトは画面中央)
  フォーカスボタン: デフォルトとしてフォーカスを与えるボタン種別
 戻値
  押されたボタン種別