Home » ウィンドウ操作 » ウィンドウの各種状態を取得する方法

ウィンドウの各種状態を取得する方法

ウィンドウの各種状態を取得するためにはSTATUS関数を利用します。

ウィンドウのIDが必要になるのでGETID関数やGETALLWIN関数と組み合わせて利用しましょう。

 

ウィンドウの各種状態を取得するサンプル

id =  GETID(GET_THISUWSC_WIN) // UWSCのウィンドウのIDを取得
title = STATUS(id, ST_TITLE) // タイトルを返す
x = STATUS(id, ST_X) // X座標を返す
y = STATUS(id, ST_Y) // Y座標を返す
PRINT "x座標:" + x
PRINT "y座標:" + y

ウィンドウの各種状態を取得する方法実行結果

 

STATUS関数リファレンス

STATUS関数のリファレンスをマニュアルから転載します。

戻値 = STATUS( ID, 取得したいもの )
引数
 ID: Windowを識別するID
 取得したいもの: 以下の定数
   ST_TITLE    // タイトルを返す
   ST_CLASS    // クラス名を返す
   ST_X      // X座標を返す
   ST_Y      // Y座標を返す
   ST_WIDTH    // 幅を返す
   ST_HEIGHT    // 高さを返す
   ST_CLX     // クライアント領域のX座標を返す
   ST_CLY     // クライアント領域のY座標を返す
   ST_CLWIDTH   // クライアント領域の幅を返す
   ST_CLHEIGHT   // クライアント領域の高さを返す
   ST_PARENT    // 親ウィンドウのIDを返す、親が無ければ-1
   ST_ICON     // アイコン状態であればTrue、でなければFalse
   ST_MAXIMIZED  // 最大化状態であればTrue、でなければFalse
   ST_VISIBLE   // 通常の表示状態であればTrue、でなければFalse
   ST_ACTIVE    // アクティブ状態であればTrue、でなければFalse
   ST_BUSY     // ビジー状態であればTrue、でなければFalse
   ST_ISID     // 有効なIDであればTrue、でなければFalse
   ST_WIN64    // 64bitアプリであればTrue、でなければFalse
   ST_PATH     // EXEのパスを返す
   ST_PROCESS   // プロセスIDを返す
   ST_MONITOR   // 表示されているモニタ番号を返す

 

GETID関数リファレンス

GETID関数のリファレンスをマニュアルから転載します。

戻値 = GETID( タイトル, [クラス名, 待ち時間秒, MDI子タイトル] )
引数
 タイトル: 識別したいウィンドウのタイトル (タイトルの一部分だけでもOK)
 クラス名: 区別に必要でなければ省略して構いません (前方一致でのみ部分指定可)
 待ち時間秒: 確認できるまで指定された秒数待ちます (0.01~)
         0: 0.1~10秒まで状況や負荷により自動判断 (デフォルト)
        -1: 無期限待ち
 MDI子タイトル: MDIウィンドウ中の子ウィンドウタイトル

戻値
 そのウィンドウを識別するID (NGの時は -1)

 ※ GETID は始めに完全一致のウィンドウを探します
   見つからなければ次に部分一致のウィンドウを探します
 ※ 特別なウィンドウの指定
   GETID(GET_ACTIVE_WIN)    // アクティブウィンドウを返します
      GET_FROMPOINT_WIN   // マウスカーソル下のウィンドウ
      GET_FROMPOINT_OBJ   // マウスカーソル下のオブジェクト
      GET_THISUWSC_WIN   // UWSC自身
      GET_LOGPRINT_WIN   // ログ表示用ウィンドウ
      GET_BALLOON_WIN   // ふきだし用ウィンドウ(GET_FUKIDASI_WIN でも可)
      GET_FORM_WIN     // フォーム画面ウィンドウ
      GET_SCHEDULE_WIN   // スケジュール"指定Windowが現れた時"でキャッチしたウィンドウ('別プロセス実行'時はNG)