Home » ファイル操作 » テキストファイルの内容が何行あるか調べる方法

テキストファイルの内容が何行あるか調べる方法

テキストファイルの内容が何行あるか調べるためにはFGET関数を利用します。

FGET関数は通常指定された行の内容を取得しますが、行の変わりにF_LINECOUNTを指定することで全体の行数を取得できます。

最後の行が空の場合はカウントされないようです。

事前にFOPEN関数でファイルを開いておくことを忘れないでください。

 

テキストファイルの内容が何行あるか調べるサンプル

fileID = FOPEN("sample.txt", F_READ) // 読み込みモードでファイルを開く
n = FGET(fileID, F_LINECOUNT) // 全部で何行あるかを数値で取得
FCLOSE(fileID)
PRINT "全部で" + n + "行あります"

 

FGET関数リファレンス

FGET関数のリファレンスをマニュアルから転載します。

戻値 = FGET( ファイルID, 行, [列, ダブルコーテイション] )
引数
 ファイルID: オープン時に返されたID
 行: 取出したい行 (1から指定)
     F_LINECOUNT  を指定した場合はファイルの行数を返す
     F_ALLTEXT   を指定した場合はファイルの全内容を返す
 列: 取出したい列 (1から指定:,カンマ区切りのCSVファイルに対応)
 ダブルコーテイション:
   FALSE: 両端のダブルコーテイションは削除する (デフォルト)
   TRUE: 削除しない
   2:   CSV処理にて2つ連続ダブルコーティションを1つに (Excel同等処理)
戻値
 取出された値