Home » その他 » クリップボードに文字列を送る方法

クリップボードに文字列を送る方法

クリップボードに文字列を送るにはSENDSTR関数を利用します。

SENDSTR関数はエディットコントロールに文字列を送ることもできます。

 

クリップボードに文字列を送るサンプル

SENDSTR(0,"UWSCサンプル&画像認識テクニック")

 

SENDSTR関数リファレンス

SENDSTR関数のリファレンスをマニュアルから転載します。

SENDSTR( ID, 文字列, [番号, 送信モード, ACC指定] )
引数
 ID: Windowを識別するID
    (ID = 0 であれば クリップボードへ)
 文字列: 送りたい文字列
 番号: 左上から数えたエディトコントロールの順番 (1から指定、マイナスを付けた場合にはDisable状態のものもカウント)
     (0:デフォルトはフォーカスを持ったエディトコントロール)
 送信モード: 
    FALSE: 追加 (デフォルト)
    TRUE: 置き換え
    2:   一文字ずつ送信 (PostMessage,WM_CHAR)
 ACC指定: 
    FALSE: APIによる (デフォルト)
    TRUE: アクセシビリティ用インターフェースを利用
    2:   アクセシビリティ用インターフェースを利用(ウィンドウをアクティブ化しない)
    STR_ACC_CELL (5): DataGridView内のCell値の変更