Home » ウィンドウ操作 » ウィンドウをアクティブにする方法

ウィンドウをアクティブにする方法

ウィンドウをアクティブにするにはCTRLWIN関数を利用します。

事前に操作対象にするウィンドウのIDを取得する必要があるのでGETID関数と組み合わせて利用しましょう。

CTRLWIN関数は他にもウィンドウを最大化させたり再前面に固定するといった使い方もできます。

 

ウィンドウをアクティブにするサンプル

対象となるウィンドウが最小化されている場合は通常表示に戻します。

対象となるウィンドウのアクティブ状態をチェックし、非アクティブであればアクティブにします。

電卓を起動させておいてください。

id = GETID("電卓") // 電卓のIDを取得
IFB STATUS(id, ST_ICON) // ウィンドウがアイコン状態(最小化)かチェック
 CTRLWIN(id, NORMAL) // 表示を通常にする
ENDIF
IFB !STATUS(id, ST_ACTIVE) // ウィンドウがアクティブかチェック
 CTRLWIN(id, ACTIVATE) // アクティブにする
ENDIF

 

CTRLWIN関数リファレンス

CTRLWIN関数のリファレンスをマニュアルから転載します。

CTRLWIN( ID, 命令 )
引数
 ID: Windowを識別するID
 命令 
  CLOSE     // 終了
  CLOSE2    // 終了(QUIT)
  ACTIVATE   // アクティブ
  HIDE     // 非表示
  SHOW     // 表示
  MIN      // アイコン化
  MAX      // 最大化
  NORMAL    // サイズ戻す
  TOPMOST    // 最前面に固定
  NOTOPMOST  // 最前面固定を解除
  TOPNOACTV  // 最前面にするがアクティブ化はしない