Home » ウィンドウ操作 » ウィンドウを閉じる方法

ウィンドウを閉じる方法

ウィンドウを閉じるためにはCTRLWIN関数を利用します。

ソフトウェアによっては「保存しますか?」のようなダイアログボックスが表示されるかもしれません。

そのような場合は引数でCLOSE2を指定することによりダイアログボックスを無視して終了させることができます。

CTRLWIN関数はウィンドウのIDが必要になるので事前にGETID関数でウィンドウのIDを取得しておきましょう。

 

ウィンドウを閉じるサンプル

メモ帳を起動させておいてください。

id = GETID("メモ帳") // メモ帳のIDを取得
CTRLWIN(id, CLOSE)

 

CTRLWIN関数リファレンス

CTRLWIN関数のリファレンスをマニュアルから転載します。

CTRLWIN( ID, 命令 )
引数
 ID: Windowを識別するID
 命令 
  CLOSE     // 終了
  CLOSE2    // 終了(QUIT)
  ACTIVATE   // アクティブ
  HIDE     // 非表示
  SHOW     // 表示
  MIN      // アイコン化
  MAX      // 最大化
  NORMAL    // サイズ戻す
  TOPMOST    // 最前面に固定
  NOTOPMOST  // 最前面固定を解除
  TOPNOACTV  // 最前面にするがアクティブ化はしない