Home » 文字列 » 全角の数字を数値に変換する方法

全角の数字を数値に変換する方法

プログラムやパソコンに強い人なら全角の数字が文字列であることをご存知かと思います。

全角の数字では文字列として扱われてしまうので数値として扱いたい場合は数値型に変換させる必要があります。

UWSCではVAL関数を利用することで簡単に出来てしまいます。

全角の数字でも半角の数字の文字列でも数値型に変換することができるので便利です。

 

全角の数字を半角に変換するサンプル

単純に数値に変換させます。

n = VAL("20")

 

全角の数字を半角に変換するサンプルその2

数値に変換されたことを確かめるために加算させています。

n = VAL("20") + 2
PRINT n

全角の数字を数値に変換する方法実行結果

 

VAL関数リファレンス

VAL関数のリファレンスをマニュアルから転載します。

戻値 = VAL( 文字列, [エラー値] )
引数
 文字列: 数値に変える文字列
 エラー値: 数値に変換できない場合に返す値
戻値
 数値
 数値変換できない場合はエラー値を、デフォルトでは ERR_VALUE (-999999)を返す