Home » ファイル操作 » フォルダ内のファイル一覧を取得する方法

フォルダ内のファイル一覧を取得する方法

フォルダ内のファイル一覧を取得するにはGETDIR関数を利用します。

取得したファイル名一覧は変数配列GETDIR_FILESに格納されます。

ファイル名の一部を指定して、一致するファイル一覧を取得することもできます。

同様に拡張子を指定して一致したファイルの一覧を取得することもできます。

 

フォルダ内のファイル一覧を取得するサンプル

uwscの文字列を含んだファイルをuwscのフォルダから取得します。

n = GETDIR(GET_UWSC_DIR, "*uwsc*", TRUE, 0) // UWSCのフォルダを指定
PRINT n + "個のファイルが見つかりました"
FOR i = 0 TO (LENGTH(GETDIR_FILES) - 1)
 PRINT GETDIR_FILES[i]
NEXT

フォルダ内のファイル一覧を取得する方法実行結果

 

GETDIR関数リファレンス

GETDIR関数のリファレンスをマニュアルから転載します。

戻値 = GETDIR( ディレクトリ, [ファイル指定, 不可視ファイルフラグ, 取得順番] )
引数
 ディレクトリ: ファイル名の取得のディレクトリ
 ファイル指定: ワイルドカード(*, ?) によるファイル名指定
         "\" を指定するとディレクトリ名の取得
 不可視ファイルフラグ: TRUE:不可視ファイルも含める、 FALSE:含めない(デフォルト)
 取得順番: ファイル並び 0:ファイル名(デフォルト)、1:サイズ、2:作成日、3:更新日、4:アクセス日
戻値
 ゲットした数を返す
 取得した情報は配列変数の GETDIR_FILES[ ] に格納される (配列はゼロから)