Home » 数学 » 少数を切り上げ、切り捨てする方法

少数を切り上げ、切り捨てする方法

少数を切り上げするためにはCEIL関数を利用します。

少数を切り捨てるためにはINT関数を利用します。

 

少数を切り上げ、切り捨てするサンプル

n = 1.23
PRINT "元の値 " + n
PRINT "切り上げ " + CEIL(n)
PRINT "切り捨て " + INT(n)

少数を切り上げ、切り捨てする方法実行結果

 

CEIL関数リファレンス

CEIL関数のリファレンスをマニュアルから転載します。

CEIL(引数)       // 正の方向へ切り上げ

 

INT関数リファレンス

INT関数のリファレンスをマニュアルから転載します。

INT(引数)        // 少数以下切落とし