Home » 文字列 » 数値を任意の桁数の文字列に変換し、空の桁を0で埋める方法

数値を任意の桁数の文字列に変換し、空の桁を0で埋める方法

数値を単純に文字列に変換するだけではなく、空白の桁を0で埋める方法を紹介します。

考え方としては、数値を任意の桁数の文字列に変換し、その文字列の空白部分を0に置き換えるといったものです。

マイナスの値を変換させた場合、マイナスの符号で1桁分使用します。

少数を変換させた場合、小数点で1桁分使用します。

 

数値を任意の桁数の文字列に変換し、空の桁を0で埋めるサンプル

n = 1234
str = FORMAT(n, 8) // 8桁の文字列に変換
str = REPLACE(str, " ", "0")
PRINT str

数値を任意の桁数の文字列に変換し、空の桁を0で埋める方法実行結果

 

FORMAT関数リファレンス

FORMAT関数のリファレンスをマニュアルから転載します。

戻値 = FORMAT( 数値, 幅, [小数点桁 or 16進指定] )
引数
 数値: 数値 もしくは文字
 幅: 出力される文字数 (数値より指定幅が大きい時は左側をスペースにて補完)
    数値ではなく文字が指定された場合は その文字で幅分を埋める
 小数点桁 or 16進指定: 表示する小数点桁数、 また -1 が指定された場合は16進数表記にする
戻値
 フォーマットされた文字列

 

REPLACE関数リファレンス

REPLACE関数のリファレンスをマニュアルから転載します。

戻値 = REPLACE( 文字列, 置換したい文字, 置換文字 )
 もしくは
戻値 = CHGMOJ( 文字列, 置換したい文字, 置換文字 )
引数
 文字列: 置換したい文字列を含んだ文字列
 置換したい文字: 置換したい文字列
 置換文字: 置換文字列
戻値
 置換された文字列
 (大文字,小文字の区別はしません)