Home » その他 » 音を鳴らす方法

音を鳴らす方法

音を鳴らしたい場合はSOUND関数を利用します。

wavやmid、mp3といった形式に対応している他、内蔵スピーカーでBEEP音を鳴らすこともできます。

音を鳴らしている間、他の処理を止めたい場合は同期フラグをTRUEにします。 デフォルトではFALSEになっているので、音を鳴らしつつ他の処理を進めます。

ファイル名に変数を利用することで複数個所でSOUND関数を利用していても一括で鳴らしたいファイルを変更できます。

 

音を鳴らすサンプル

音の再生が終了するまで処理が止まります。

fileName = "sample.wav"
SOUND(fileName, TRUE)

 

BEEP音を鳴らすサンプル

SOUND("BEEP")

 

自作関数を利用して音を鳴らすサンプル

このサンプルでは効果音が鳴り終わる前にスクリプトが終了してしまうので無音になってしまいます。

他のスクリプトに組み込んで利用することを想定しています。

PUBLIC FileName = "sample.wav"
SOUND2()

PROCEDURE SOUND2()
	SOUND(FileName)
FEND

 

SOUND関数リファレンス

SOUND関数のリファレンスをマニュアルから転載します。

SOUND( ファイル名, [同期フラグ] )
引数
 ファイル名: 再生ファイル名 (WAV, MID, AVI等、 'BEEP' 指定にてBEEP音)
        もしくはサウンドにて割り当てられたイベント名('LowBatteryAlarm', 'MailBeep', 'SystemAsterisk'等)
       (ファイル名を省略すると再生をストップ)
 同期フラグ:
   FALSE: 待たない (デフォルト)
   TRUE: 終了を待つ

 ※ 'BEEP'指定時:32bitOSではPC内部スピーカだが、64bitOSでは通常のサウンド出力