Home » 数学 » ランダムな数値を取得する方法

ランダムな数値を取得する方法

ランダムな数値を取得する場合はRANDOM関数を利用します。

RANDOM関数は0から引数で指定した数値より1少ない範囲でランダムな整数を返します。 例えば10を指定すれば0~9の値が返ってきます。

 

ランダムな数値を取得するサンプル

r = RANDOM(10) // 0から9までの値を取得

 

ランダムな数値に定数を加算するサンプル

10から19の範囲を取得したい場合はRANDOM関数で取得した数値に10を加算します。これはRANDOM関数が0から始まる数値しか取得できないためです。

r = RANDOM(10) + 10 // 10から19までの値を取得

 

RANDOM関数リファレンス

RANDOM関数のリファレンスをマニュアルから転載します。

RANDOM(Range)      // 0 <=X <Range の範囲にある乱数を返す