全ウィンドウのIDを取得する方法

UWSCで各ウィンドウの状態を取得するために、まずはウィンドウのIDを取得する必要があります。

ウィンドウのIDを取得する方法はいくつかありますが、今回は全ウィンドウのIDを取得する方法です。

 

全ウィンドウのIDを取得するサンプル

全ウィンドウのIDを取得してウィンドウのタイトルを表示させてみました。

n = GETALLWIN()
PRINT "ウィンドウの数:" + n
IFB n > 0
 FOR i = 0 TO (n - 1)
  PRINT ALL_WIN_ID[i] + ":" + STATUS(ALL_WIN_ID[i], ST_TITLE)
 NEXT
ELSE
 PRINT "ウィンドウが見つかりませんでした"
ENDIF

全ウィンドウのIDを取得する方法実行結果

 

GETALLWIN関数リファレンス

GETALLWIN関数のリファレンスをマニュアルから転載します。

戻値 = GETALLWIN( [ID] )
引数 
 ID: 指定ウィンドウの子ウィンドウを取得したい場合に、親ウィンドウIDを指定
戻値
 取得したWindowの数
 取得したIDは配列変数の ALL_WIN_ID[ ] に格納される (配列はゼロから)