クリップボードから文字列を取得する方法

クリップボードから文字列を取得するにはGETSTR関数を利用します。

GETSTR関数は通常エディットコントロールから文字列を取得しますが、引数でクリップボードを指定することでクリップボードから文字列を取得できます。

 

クリップボードから文字列を取得するサンプル

str = GETSTR(0)

 

GETSTR関数リファレンス

GETSTR関数のリファレンスをマニュアルから転載します。

戻値 = GETSTR( ID, [番号, 種別, マウス移動] )
引数
 ID: Windowを識別するID
    (ID = 0 であれば クリップボードから)
 番号: 左上から数えたコントロールの順番 (1から指定、マイナスを付けた場合にはDisable状態のものもカウント)
     (0:デフォルトはフォーカスを持ったコントロール)
     (ステータスバー指定時はパーツ)
 種別:
    STR_EDIT (0)    // エディトコントロール (デフォルト)
    STR_STATIC (1)   // スタティクコントロール
    STR_STATUS (2)   // ステータスバー
    STR_ACC_EDIT (3)  // アクセシビリティ用インターフェース経由でのエディト内文字
    STR_ACC_STATIC (4) // アクセシビリティ用インターフェース経由でのスタティク文字
    STR_ACC_CELL (5)  // DataGridView内のCell値を取得
 マウス移動:
    FALSE: マウス移動なし(デフォルト)
    TRUE: マウスをその場所に移動させる
戻値
 取得した文字列
 (指定物が存在しない場合には EMPTYを返す)