数値を任意の桁数の文字列に変換し、空の桁を0で埋める方法

数値を単純に文字列に変換するだけではなく、空白の桁を0で埋める方法を紹介します。

考え方としては、数値を任意の桁数の文字列に変換し、その文字列の空白部分を0に置き換えるといったものです。

マイナスの値を変換させた場合、マイナスの符号で1桁分使用します。

少数を変換させた場合、小数点で1桁分使用します。

 

数値を任意の桁数の文字列に変換し、空の桁を0で埋めるサンプル

n = 1234
str = FORMAT(n, 8) // 8桁の文字列に変換
str = REPLACE(str, " ", "0")
PRINT str

数値を任意の桁数の文字列に変換し、空の桁を0で埋める方法実行結果

 

FORMAT関数リファレンス

FORMAT関数のリファレンスをマニュアルから転載します。

戻値 = FORMAT( 数値, 幅, [小数点桁 or 16進指定] )
引数
 数値: 数値 もしくは文字
 幅: 出力される文字数 (数値より指定幅が大きい時は左側をスペースにて補完)
    数値ではなく文字が指定された場合は その文字で幅分を埋める
 小数点桁 or 16進指定: 表示する小数点桁数、 また -1 が指定された場合は16進数表記にする
戻値
 フォーマットされた文字列

 

REPLACE関数リファレンス

REPLACE関数のリファレンスをマニュアルから転載します。

戻値 = REPLACE( 文字列, 置換したい文字, 置換文字 )
 もしくは
戻値 = CHGMOJ( 文字列, 置換したい文字, 置換文字 )
引数
 文字列: 置換したい文字列を含んだ文字列
 置換したい文字: 置換したい文字列
 置換文字: 置換文字列
戻値
 置換された文字列
 (大文字,小文字の区別はしません)

INIファイルを利用して設定を読み込む方法

INIファイルを利用して設定を読み込むにはREADINI関数を利用します。

WRITEINI関数を利用しINIファイルに書き込み、そのINIファイルを読み込むためにREADINI関数を利用します。

デフォルトではスクリプトと同名のINIファイルが対象となります。

 

INIファイルを利用して設定を読み込むサンプル

INIファイルを利用して実行回数を記録しています。

INIファイルが存在しているかチェックし、存在していなければ初回実行とみなしています。

fileName = REPLACE(GET_UWSC_NAME, ".uws", ".ini") // 実行中のスクリプトのファイル名を取得し、拡張子を書き換える
flag = FOPEN(fileName, F_EXISTS) // ファイルの存在チェックモード
IFB flag
 n = READINI("設定", "実行回数") // 実行回数を読み込む
 n = n + 1
 PRINT n + "回目の実行です"
 WRITEINI("設定", "実行回数", n) // 実行回数を書き込む
ELSE
 PRINT "ファイルが存在しません"
 WRITEINI("設定", "実行回数", 1) // 初回ということで1を書き込む
ENDIF

INIファイルを利用して設定を読み込む方法実行結果

 

READINI関数リファレンス

READINI関数のリファレンスをマニュアルから転載します。

戻値 = READINI( セクション, キー, [INIファイル名] )
引数
 セクション: セクション名
 キー: キー名
 INIファイル名: デフォルト(省略時)では、カレントディレクトリに スクリプト名.INI
戻値
 取得した値

 

WRITEINI関数リファレンス

WRITEINI関数のリファレンスをマニュアルから転載します。

WRITEINI( セクション, キー, 値, [INIファイル名] )
引数
 セクション: セクション名
 キー: キー名
 値: 書き込む値
 INIファイル名: デフォルト(省略時)では、カレントディレクトリに スクリプト名.INI

実行中のスクリプト名を取得する方法

実行中のスクリプト名はGET_UWSC_NAMEという特殊変数に格納されています。

この変数を読み込むことで実行中のスクリプト名を取得できます。

.uwsという拡張子まで含まれたファイル名を取得します。

 

実行中のスクリプト名を取得するサンプル

PRINT GET_UWSC_NAME

 

実行中のスクリプト名から拡張子を除いたものを取得するサンプル

str = REPLACE(GET_UWSC_NAME, ".uws", "")
PRINT str

実行中のスクリプト名を取得する方法実行結果

 

REPLACE関数リファレンス

REPLACE関数のリファレンスをマニュアルから転載します。

戻値 = REPLACE( 文字列, 置換したい文字, 置換文字 )
 もしくは
戻値 = CHGMOJ( 文字列, 置換したい文字, 置換文字 )
引数
 文字列: 置換したい文字列を含んだ文字列
 置換したい文字: 置換したい文字列
 置換文字: 置換文字列
戻値
 置換された文字列
 (大文字,小文字の区別はしません)

 

文字列に含まれる任意の文字列を別の文字列に置き換える方法

文字列に含まれる任意の文字列を別の文字列に置き換えるためにはREPLACE関数を利用します。

置き換えしたい文字列が複数個含まれていても全部置き換えることが可能です。

 

文字列に含まれる任意の文字列を別の文字列に置き換えるサンプル

before = "★さん、こんにちは"
after = REPLACE(before, "★", "サンプル太郎")
PRINT after

文字列に含まれる任意の文字列を別の文字列に置き換える方法実行結果

 

 

REPLACE関数リファレンス

REPLACE関数のリファレンスをマニュアルから転載します。

戻値 = REPLACE( 文字列, 置換したい文字, 置換文字 )
 もしくは
戻値 = CHGMOJ( 文字列, 置換したい文字, 置換文字 )
引数
 文字列: 置換したい文字列を含んだ文字列
 置換したい文字: 置換したい文字列
 置換文字: 置換文字列
戻値
 置換された文字列
 (大文字,小文字の区別はしません)