アクティブなウィンドウのスクリーンショットを保存する方法

スクリーンショットを保存するためにはSAVEIMG関数を利用します。

引数の指定でアクティブなウィンドウのみを対象にしたり画面全体を対象とすることができます。

また、ファイルに保存するだけでなくクリップボードに転送することもできます。

デフォルトではbmp形式で保存されますがjpeg形式で保存することも可能です。

保存したファイルの拡張子は自動で付与されます。

 

アクティブなウィンドウのスクリーンショットを保存するサンプル

最初にウェイトを入れているので、その間にスクリーンショットを保存したいウィンドウをアクティブにしてください。

SLEEP(2)
id = GETID(GET_ACTIVE_WIN)
SAVEIMG("screenshot", id)

 

アクティブなウィンドウのスクリーンショットを保存するサンプルjpeg版

最初にウェイトを入れているので、その間にスクリーンショットを保存したいウィンドウをアクティブにしてください。

SLEEP(2)
id = GETID(GET_ACTIVE_WIN)
SAVEIMG("screenshot", id, , , , , , 70) // 圧縮率を70に設定

 

SAVEIMG関数リファレンス

SAVEIMG関数のリファレンスをマニュアルから転載します。

SAVEIMG( [画像名, ID, x, y, 幅, 高さ, クライアント指定, JPEG指定, 画面取得指定] )
引数
 画像名: 保存ファイル名(BMP/JPEG形式) (画像名を省略した場合はクリップボードへ)
 ID: Windowを識別するID (0 であればスクリーン全体)
 X, Y: 位置
 幅, 高さ: 大きさ
 クライアント指定:
   FALSE: 指定ウィンドウ全体 (デフォルト)
   TRUE: クライアント領域
 JPEG指定: 1(高圧縮)~100(低圧縮) までの圧縮率を指定すると JPEGにて保存、 0(デフォルト)は BMPにて保存
 画面取得指定:
   0 (デフォルト): 指定アプリがフォアグランドかバックグランドかにより画面の取得方法を変更
   IMG_FORE    : フォアグランドとして可視画面(デスクトップ)より画面を取得
   IMG_BACK    : バックグランドとしてアプリより画面を取得